読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ東京で消耗してる!

東京で消耗する人の徒然。

タムロンはポートレートのスタンダードレンズになるのか?D7200のポートレート撮影。

ポートレート撮影に必要な機材として、ニコンのカメラとタムロンのレンズがありました。 この二つの組み合わせで色の濃い写真が出来るのでは? そしてほんのり柔らかい画が作らるのでは? そんな思いを形にしてみした。

ポートレート撮影に新たに追加したD7200。2416万画素の写真は如何に?

今年の2月に購入したニコンD7200です。2416万画素と言うハイスペックなセンサー、そしてEXPEED 4の組み合わせ。明らかなに僕のポートレートが変化しました。粘るような露出の中、このカメラの持ち味を僕は引き出せているでしょうか?

ASTIAとPRO Neg.Hiの狭間で揺れる、X-T1のポートレートの色づくり。

X-T1でのポートレート撮影の中、ずっとPROVIA以外を使いこなせずいましたが。 Photoshopを始めとしたAdobeのソフトでのデジタル編集をへて、やっとASTIAの魅力に気付き。さらにはPRO Neg.Hiへも。 フジのXシリーズでのポートレートはハマります。

D610でポートレートを撮る時に、僕が色味にこだわる所。

ニコンのフルサイズ入門機D610、ニコンのカメラには「ニコン被り」と言われる画像が黄色くなる現象があります。 このD610での色味はどうでしょうか? PCと連携させてニコンの色味を検証しました。

D610の画質はいかに?ローパスフィルターは本当に解像度を失わせてるのか。D7200との比較!

りか D610 Nikkor 50 f/1.8G 最近のデジカメのトレンドとして、ローパスレスが上げらると思います。各社「ローパスフィルターを廃する事で、ダイレクトの解像感を味わえます。」と言った触れ込みです。

X-T1で感じたデメリット、D7200で感じたメリット。

@深雪りほ D7200 AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR そんな書き方をすると、X-T1がダメなカメラに見えますがそうではないんです。X-T1は凄く良く出来たカメラなんです。

SP AF17-50mm F2.8 XR DiII VC修理完了です。

'14年9月に国内販売を終えたこのレンズですが、SIGMAの17-50mm F2.8 EX DC OS HSMと迷って。でもズームレンズの回転方向や、ニコンのカメラにはきっとTAMRONの色が合うだろうとの勝手な先入観から買ったんです。 やっぱりズームレンズも明るい or F4の明るさ…

D7200にはポートレート撮影に必要不可欠な部分を持っている。X-T1でどうしても改善出来なかった部分。

@深雪りほ D7200 AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR 普段使ってるX-T1は1600万画素、D7200は2400万画素。この数字の差がどれほど意味を持ってるのか、写真を現像するのが楽しみだったのです。 そんな私の個人的な使い分けの感想です。

X-T1 with ASTIAモード。

@りか X-T1 XF16-55mm F2.8 R LM WR i40 先月はワークショップを中心に参加して、今月は撮影の予定をがっつり入れました。まずは2月の6日、そして11日と立て続けに撮影を行った訳です。

手振れ補正が無くても明るいF値で乗り切れ!XF16-55mm F2.8 R LM WRで僕のポートレートはどう変わる?

単焦点レンズ信者だった僕が、ズームレンズを買いました。 XF16-55mm F2.8 R LM WRは、見事に僕の持つ固定観念を打ち砕いてくれました。 一般的なズームレンズとは違い、明るいF値はそれだけで魅力です。

XF16-55mmF2.8 R LM WR購入決定!

今年の夏前、ボーナスが確定した時に。 XF23mm F1.4 RとXF56mm F1.2 Rを購入したのですが。 昨今の仕事の進め方を見直した時に、やっぱりズームレンズも一本欲しいとの結論になり。 X-E1のズームレンズセットを買ったのですが、やっぱり暗いF値にちょっと悩…