読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ東京で消耗してる!

東京で消耗する人の徒然。

手振れ補正が無くても明るいF値で乗り切れ!XF16-55mm F2.8 R LM WRで僕のポートレートはどう変わる?

かなむん
@かなむん X-T1 XF16-55mm F2.8 R LM RW

ちょっと構図の自由度を高めたいと思った所で、XF16-55mm F2.8 R LM WRを購入しました。
当初はX-Pro1で使っていましたが、個人的な思い込みからX-T1をも購入した所です。

他メーカーの一般的なズームレンズは、開放F値が3.5位ととても暗く。
APS-Cサイズのセンサーでは、ほぼパンフォーカスになってしまいます。
でもこのXF16-55mmは開放F値が2.8と明るく、しかもズーム全域での値です。

この標準大口径のズームレンズは、ポートレートではどんな描写をするのか。
僕の中では一番気になる所で、ピントの芯そしてアウトフォーカス。
SNSのコミュニティでも評判の良いレンズなので、とても期待していました。

結果はやはり素晴らしい物でした。

全体的にはXF35mm F1.4より硬い印象ですが、アウトフォーカスも見事にボケてくれます。
そして解像感は、もはや言う事は無いでしょう。

もはやフラッグシップレンズとも言える、XF16-55mm F2.8 !

標準大口径ズームレンズの魅力は?その価格をペイ出来るか?

フジがXシリーズに力を入れてる証として、そのボディに見合ったレンズも力を入れてる事です。
他のカメラメーカーが開放F値3.5付近、テレ端では5.6位になるレンズのラインナップが大き中。

高倍率にもせずに、使う画角を絞ったズームレンズを出している事です。

その中のXF16-55mm F2.8は、ズーム全域で開放F値が2.8と明るく。
敢えて高倍率にはせずに、標準レンズ域に画角を絞った事です。
この画角によって、ズーム全域F2.8を作り上げたのではないでしょうか。

僕はポートレート撮影が多い中、このレンズを使う事によって。
レンズ交換の時間を省き、撮影のリズムを崩さないようにしました。

単焦点レンズ信者である僕がこのレンズを買ったのは、フジの力の入れ方に感銘を受けたからです。
このフラッグシップレンズとも言える、XF16-55mm F2.8ではそれまでのスタンダードレンズXF35mm F1.4とどう違うのか。
そんな事を忘備録として。

XF16-55mm F2.8を使ったポートレートはいかに?

XF16-55mm F2.8を実際に使うと、やはり気になるのは単焦点レンズより大きい所です。
当初はブレない様に結構気を使いましたが、慣れるまでに時間は掛かりませんでした。
多くの方は高価なレンズなのに、手振れ補正が無いのが気になると思います。

でも、基本に立ち返って、カメラの構え方を見直すのに良いと思います。

それまで使ってたXF35mm F1.4 Rと比べると、F2.8って二絞りなんですね。
ボケの小さいAPS-Cセンサーで、F2.8でボケがどの様になるのかが気掛かりでした。
XF35mm F1.4 Rでは、普段は一絞りのF2で撮影していたのです。

それでもモデルさんとの距離を考えながら、なるべく寄り気味の立ち位置での撮影で。
冒頭の写真の様に、しっかりとボケが得られます。
ちょっと画が硬い印象はありますが、髪の毛や肌の質感もちゃんと描写されています。

多くのデジイチのキットレンズとは、はるかに写りが違います。
ズームレンズでも、このボケがあるのです。

固定観念と先入観を捨てて、考えを改めました

単焦点信者の僕は、改心する事になったのです

僕はずっと、単焦点レンズ信者だったのです。
ずっと持ってる考えの中に、レンズのキャラを一番引き出せるのは"絞り開放"だと思うのです。
やって一絞りでしょうか?

だから、これまでのキットレンズでは、その美味しい所を使うには暗すぎて。
それで明るい単焦点レンズを使っていました。
もう一つの理由としては、ズームレンズの歪みも気になっていたのです。

しかしこのXF16-55mm F2.8はズームレンズの中では明るく、
歪みも気になりませんでした。

これを使ってしまったら、僕は改心するしかありませんでした。

現代の技術って本当にすごいと思います。
何か機能を特化すればそこで失う物もありますが、このレンズは非常に高い位置でバランスが取れています。

敢えて否定する理由を見つけるのが、難しいのではないでしょうか。
写りを求める、撮影のリズムを掴む。
それらが可能になっていると思って居ます。

資金的に余裕があればXF56mm F1.2も使いたい

僕がXF16-55mm F2.8を使う上で変わったのは、それまでの35mmからテレ端の55mmになった所です。

この画角になりますと、XF56mm F1.2 Rと同じ価格帯なので非常に悩まし所があります。
XF35mm F1.4とXF56mm F1.2の2本持ち、それかXF16-55mm F2.8だけにするか。
資金的な余裕があればレンズを2本、そして交換する手間を省くのにボディも2台。
なんて思いますね。

でも、XF16-55mm F2.8では、レンズのキャラクターも手伝って。
この1本で行く覚悟も出来ます。

僕はこのレンズのボケを、すごく気に入っています。
様々なレンズで撮影して、その写真を見比べれば違いが分かると思いますが。
XF16-55mm F2.8だけの写真を見れば、写りの綺麗さに魅力を感じます。

この様なレンズを作る、そんなフジの技術者や会社の方針に感服します。

まとめ

実際に購入するまで、やはり不安はありました。
安くない機材ですし、メーカーの作例も僕が写したい距離や構図でのポートレートが無かったからです。

しかしSNSのコミュニティの口コミを読みながら、やはり1本は揃えて置くレンズとし思い切って購入に踏み切りました。

使った感触は本当に素晴らしい物で、様々な撮影環境。
特に画角を一つに絞れない場合や、単焦点レンズを複数用意出来ない状況。
そんな時に本当に力になってくれるレンズです。

このレンズのズーム域の単焦点XFレンズを揃えるのは、僕には無理なのでやはり頼りにしています。

手前みそですが、ここでもう一枚僕の写真を載せておきます。
この写真ではシャドーからハイライトまでのトーンを、感じて貰えると思います。
それにモデルさんのお洋服で、解像感も分かりやすい一枚だと思います。

RISA
@RISA X-T1 XF16-55mm F2.8 R LM WR

本当に僕の固定観念を打ち砕いたレンズです。

まだまだ東京で消耗します

フジがラインナップする、大口径標準ズームレンズ。 一般的なキットズームレンズよりも、はるかに明るい開放F値2.8のレンズ。 手振れ補正がない部分を気にするよりも、この明るいF値を楽しんで貰えたらと思います。 ズーム全域でF2.8でも、写りに間違いはありません。