読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ東京で消耗してる!

東京で消耗する人の徒然。

D610の画質はいかに?ローパスフィルターは本当に解像度を失わせてるのか。D7200との比較!

モデルのりかさん
りか D610 Nikkor 50 f/1.8G

最近のデジカメのトレンドとして、ローパスレスが上げらると思います。
各社「ローパスフィルターを廃する事で、ダイレクトの解像感を味わえます。」と言った触れ込みです。

ローパスフィルターの有無

各社のローパスフィルターの考え方。

まず、現段階でのメーカー各社の搭載・非搭載ですが。
ニコン D750及びD610でローパスフィルター搭載。
キヤノン EOS 5Ds Rのみ非搭載
ペンタックス 非搭載
ソニー 搭載・非搭載ともにラインナップ
・フジ 非搭載

フジやペンタックスそしてニコンはローパスレスの方向で、キヤノンは搭載の方向です。
この辺はまだまだ各社、考え方が違うようです。

ちなみにフジはAPS-Cサイズのセンサーでも、フルサイズに負けない解像感を出したいと言ってローパスレスにしたそうです。

ローパスフィルターは本当に画質を落としているのか。

同じカメラ・レンズで同じ被写体を取り比べた訳では無いので、具体的にどう違いがあるのか分かりません。

D610+Nikkor50mm
この画像はモデルさんの目元を拡大したものですD610はローパス搭載なのでフジX-T1そしてニコンD7200とどう違うか興味津々だったのですが。

私の眼にはかなりシャープでクリアな画像に見えます。
これはAPS-Cのローパスレスとフルサイズのローパス搭載機、センサーサイズの違いもあるので何とも言えません。

また同じレンズを使用した場合の画像になりますが。

D7200vsD610

左の写真がD610、右の写真がD7200です。
共にレンズはAF Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5Gを使いました。
APS-Cとフルサイズ、また画素数に違いがあります。
この比較写真では私は右の写真の方に解像感を感じますが、ローパスフィルターの有無で大きな差が生まれてるとも言い難い部分があるのも確かです。

ローパスフィルターが非搭載になる方向について

始まりはD800E

ローパスフィルターを懸念し始めたのは、恐らく2014年4月に発売されたニコンD800Eからではないでしょうか。

この時はローパスレスではなく、ローパスキャンセルと言って。
通常配置されているローパスフィルターの画像の分離方向を変更させ、ローパスフィルターを搭載しながら解像感を出しました。

f:id:masato_k:20160423171329j:plain

D800Eの解像感 - 際立つ鮮鋭感 D800E | ニコンイメージング

気になるキヤノンの動向

このD800Eの発売からローパスフィルターを排除する方向に動き始めた、カメラメーカーですが。
キヤノンは新発売したEOS 80Dでもローパスフィルターを搭載している事から、一概にメーカー各社の開発方向はまだまちまちです。

ただニコン・フジ・ペンタックスソニー製のセンサーを使っていますが、キヤノンは独自開発なのでこの辺の部分で生産ラインの拡充や開発コストの回収等々。
技術的な事では無く、開発コストの問題でローパスフィルターを搭載している可能性も否定できません。

今後のキヤノンの動きが凄く気になります。

私の個人的な考え

今確実に断言出来る部分として、ローパス搭載でもそんなに気にする程の事はないと言えるでしょう。
物理的に余計な光学フィルターがない方が解像度は得やすいのですが、その後のエンジンのアルゴリズムとかも関係してるので一概に結論は出せないですね。

また余談になりますが、D7200では画像が黄色い印象があったのですが。
D610ではそんな感じも受けず、非常にナチュラルな画像になっています。
エンジンで言えばD610の方が古いのですが、そこもあまり気になりませんね。
個人的にD610は、凄いコスパの優れたフルサイズ機だと思います。

そんなD610は在庫僅少となっています、急いで下さい!→Nikon D610

ともかく私は構図や露出、もっと写真を追い込む必要があります。

まだまだ東京で消耗します!